読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっき

ブログチャレンジ

4月7日

憂鬱な日々が続きます。元からないような自己肯定感がさらに下がりまくってる。


4月6日

1日から忙しくて、風邪をひいた。



大学に入って強く思ってることがある。私の所属している団体は男性が人数の大半を占めていて、やはり男性の声が大きい。悪気はないと思うが、女性軽視というか、セクハラというか、そういった発言は目立つ。たとえば、、「華の一女、嫉妬の二女、諦めの三女、悟りの四女」なんていう文句は多用される。男子だって同じように年をとるのに。自分が一年だった時に華のような扱いを受けたかといえば全くそうではないし、だから下の子たちに嫉妬なんてしないし、別に何も諦めることもない。男子がそうなようにね。それに。女の子目当ての男子と男の子目当ての女子、どっちもクソめんどくさいし全く入部してもらいたくないが、男性が多い分「おとこ目当て女子」はめちゃくちゃちやほやされる。そして「女目当て男子」はめちゃくちゃ叩かれる。いやちがうやろ、どっちも歓迎するか叩くかにしろよ。ちやほやしてんじゃねーよ叩いてんじゃねーよ。

何より嫌なのは自分が男性寄りの目線に頑張ってしようとしてしまっているところだ。男性的になろうとしている自分もある意味男性に媚びているということだ。くそだ。ルッキズムも嫌いなくせに、よせるために言ってしまう。くそだくそだ。

ちなみに、男性がいけないということじゃない。マイノリティマジョリティが逆転すればまた女性もそのようになるのだろう。


自分が好きでいれる自分、自己啓発本?みたいなこと言ってるけど、ほんとにそうありたい。根暗で、きにしいで、サバサバしてないけど、みんなと仲良くしよう努力はする、変にかっこうつけないそういう自分でありたい。




3月28日

[日記]

 私のバイト先について書きたいと思う。そこは、とあるサービスを提供する施設である。業務は覚えてしまえば簡単で、基本的には時間を持て余すことが多い。賃金も高くはないが、言ってしまえば「楽な」業務内容に見合った適正なものだと感じる。ただし、陰口が多い。面と向かって互いに文句を言うこともない。冷静な指摘さえもほとんどしない。誰かが何かを間違ったら、「ほんとだめだな」というニュアンスの陰口をたたかれるだけだ。精神衛生上悪すぎる職場だと言える。過言ではない、どころではない。陰口が多い原因はいくつか考えられるが、考えても意味のないことってたくさんあると思うのでこの件に関しても考えないことにする。楽な業務内容に加えてお世話になった方や仲の良いバイト仲間もいる関係でずるずる続けているが、バイトに行くたびに貴重な大学生活、人生で感じる楽しさ、向上心が削られていく気がしてならない。甘いことを言っているという自覚はあるし、仕事とは大抵そういうものなのかもしれないが、我慢ができなくなるのもそう遠い将来ではないと感じる。そこから何を学ぶのかが大切、とはよく言うが、私はそこから何も学び取りたくない。賃金の大切さがバイト行きたくない欲を少しでも下回ったら、やめようとおもう。お金に打ち勝つ力をつけたあかつきには。

 

こういうことを最後に書くのはずるいしださいが、何を書いているのか自分でもわからなくなっています。バイトやめたい。

たいしつかいぜん・

冷え症、安眠ができない、乾燥肌、頭痛、むくみ、よくわかんないけど健康ではないので治そうかなと思います!ネットと口コミから集めて出来そうなことをやって、一ヶ月様子を見てみる。あと顔まわりをどうにかしたいからそれも一緒に。


・ココア、豆乳、納豆、ヨーグルト、蜂蜜など体に良さそうなものを意識的にとってみる。

・姿勢が悪すぎるので頑張って改善する(そもそもいい姿勢とは)

・早寝早起きを頑張る。早く起きてもラブライブを見ない。

・お風呂には毎日しっかり浸かる。

・顔体操

・軽い筋トレとストレッチ(続いたことないんだけど)

・なるべくトレーニングルームに行く


以上を点数化し1日ごとにできたぶんだけ点数をつける。基準は自分の感覚。


さあ!続くのか!



3がつ26にち

【日記】

豆乳と納豆を毎日食べれば真っ当な人間になれるかと思ったけど、そんなことはなかった。今日はヨーグルトも食べてみます。

四月からが鬱すぎる。せめてお金さえあれば、、、。

走りに行くはずが雨で両日とも中止、、。トレーニング、、、。ゔぇぇええ、ラブライブ無印を繰り返しみる毎日!!!!


【読書】

『もの食う人々』辺見庸

世界各地の「もの食う人々」との食事を描いたルポルタージュ。これを読んで、そーいう世界もあるのね、で終わらせられないなとは思うが、具体的にどう生きていくのかはまだ見つけられていないです。フィッシュ&チップスが食べたくなる。


『Les Misérables』ヴィクトールユーゴー

なんかの文庫の三巻。ここの、ボナパルティズムやらなんやらのくだりを読んで史学を志したんだったなあ、、、。


湯神くんには友達がいない佐倉準

漫画だけど書いちゃう。何度目かの読み返し。うーん、、こんなに感想が書きづらい漫画ってないと思う。言えるのは、最高に面白いということだけ。新刊が毎回楽しみです。


3月22日

【日記】

なかなか忙しい五日間だった気がする。体調不良にならないようとにかく気を使った。今日から豆乳と納豆をなるべく毎日取ろうかなと思った。美容!健康!  


【読書】

飛ぶ教室』エヒーリ・ケストナー

昔から好きな作品で、数回目の読み返し。"子供向けのクリスマスの物語"と銘打ってあるが、今になってこの本の伝えたかったことが沁みてくる。大事なことはその時には分からないものだなあと思う。

ちなみに、この本で実写映画がつくられている。ストーリーや登場人物は少し変えてあるものの、今まで見た映画の中で一番好きだ。特に冒頭のヨナタンと子犬が出会うシーンの音楽が良い。もっと評価されていい!!


『Les Misérables』ヴィクトールユーゴー

受験期に一気に雑に読んでしまったのでもう一度読み直している途中。なんの文庫だったか忘れたけど第2巻。ずっとワーテルローのテナルディエとポンメルシーが出会う前で止まってたので読み終えられてよかった。次は三巻だー。

こちらの実写映画、、、実写というのもなんか変だが、2012年版のミュージカル映画も最高である。原作のストーリーを大まかになぞるだけではなく、省かれた物語まで感じさせてくれる演出になっている。特にアンジョルラス、グランテール、マリユスの3人で歌うシーン。



【トレーニング】

できてない!しょうがない!

3月17日

【日記】

友人とネットに触発され、何かやってみようということでブログとトレーニングと読書を始める。あと早起きも。安易な考えだけど、これがきっかけで楽しい日々を過ごせるようになるといいな。がんばる〜

でも、初日からトレーニング室終了1時間切って入室したり、本屋に行くのがめんどくさくて部室にある本持って帰ってきたり、幸先が、、。がんばる〜



【読書】

『サクリファイス』著:近藤史恵

日本のプロロードレースチームの話だった。だから部室にあったのか。この手の構成は好みで、かなり楽しんで読めた。ただ、後味にかなりえぐみがあった。ロードレースに全くの無関係な場所にいたらまだましだったかもしれない。

同作者のビストロシリーズやモップシリーズは読んだことがあり、やはり面白かった。こちらもどうやら続きが出ているようで気になる。



【トレーニング】

・エアロバイクのランダム(7)を20分

→今日はこれで上出来